« カスタマイズ | トップページ | 団扇うちわ »

2006年8月25日 (金)

気になるニュース

キャバクラ嬢の髪切りすぎで2審も美容院に賠償命令

 東京・歌舞伎町のキャバクラに勤める女性が希望に反して髪を短く切られたため、店での売り上げが減ったなどとして、都内の美容院に損害賠償を求めた訴訟の控訴審判決が24日、東京高裁であった。大喜多啓光裁判長は美容院側に約25万円の損害賠償の支払いを命じた1審判決を支持、美容院側の控訴を棄却した。
 大喜多裁判長は「美容院側は女性が希望するカットの内容を十分確認しなかった」と判断した。
 大喜多裁判長は賠償額を30万円と認定。しかし、女性側が控訴しなかったため、1審通りの賠償額になった。民事訴訟法では控訴しなければ賠償を増額できないと規定している。
 判決によると、女性は平成16年4月、美容院で「巻き髪やアップができるような長さに」と依頼したが、短く切られ付け毛が必要になった。

(産経新聞) - 8月25日8時2分更新

最初のカウンセリングできちんと確かめてカットしていけば起きないのではないかと思う。この事件のように巻き髪ができない長さになってしまったのは、明らかに美容師さんのミス。

パーマのかかり過ぎやカラーの色違い等はリメイクで対処できるのですが、髪の切り過ぎだけは、どうしようもない。

髪の長さとかは特に慎重にカットしないといけません。特に前髪は1ミリ2ミリで全然違って見えますから。

このニュースで、日本もアメリカのように保障社会になってきたということを私ども美容師は気を付けなくてはいけないと痛感されました。

明日は我が身。気をつけてやっていこう。

« カスタマイズ | トップページ | 団扇うちわ »

コメント

へぇ~、そんなことがあるんだ。それにしても、そういう、いわゆる、この辺で言う「ジラ」が通用する世の中なんだ。そう、まさにこれは「ジラ」ですよ。(笑)
売り上げが減ったのは、髪のせいじゃなく「オマエの接客だぁ~」
たけちゃん、くれぐれも気をつけてね!

>こんな事件がありました。見知らぬ人の髪の毛を背後から切りました。どうなったでしょうか?

傷害事件です。傷みは無いけど傷害です。
くれぐれも気を付けます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/114828/3198934

この記事へのトラックバック一覧です: 気になるニュース:

« カスタマイズ | トップページ | 団扇うちわ »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Pied de Poule`s HP

facebook

無料ブログはココログ