« 白い恋人 | トップページ | おいでませ山口館 »

2008年1月29日 (火)

バトントワリング

昨日、娘を連れてバトントワリングの見学に行ってきた。なぜ、バトンなのかって?それは、嫁の母親が嫁にさせるのが夢だったようなのです。が、通り越して孫に託された感じなんです。

総合庁舎で17時30分から19時まで、見学というよりいっしょに練習させていただきました。準備運動から始まってバトンを持つまでが長かったですね。しっかりと柔軟体操し始めるって感じでした。いろんな体操しましたが、3才の娘には全てが初めてで、一生懸命にやってた(やらされてた?)感じですね。小学生の女の子が付きっ切りで教えてくれました。バトンを持ちクルクル回したり、楽しそうにやってましたが、約1時間30分の練習は辛いようで、最後は飽きてしまいました。当たり前ですね。

楽しみみながらやるには充分なスポーツですね。まだまだ、3才。どんな可能性が秘めてるのやら?

見学も終わり、よく頑張ったのでクルクル寿司で夕食を済ませて帰路に着きました。

« 白い恋人 | トップページ | おいでませ山口館 »

コメント

三歳のjyunaちゃんには、
バトンをクルクルより、お寿司がクルクルの方が良いよね。

>今回も巧い。巧すぎるー。座布団1枚!

超~久しぶりの書き込みです。
小学校の時、バトンクラブに入ってました!
とても楽しかったのを覚えてます♪
"楽しい"と感じるまではまだ時間かかるでしょうね・・・。

>サンチェさん、お元気そうで。
経験者なんですね。今度、教えてくださいね。次回、ご来店時にはバトンを忘れずに!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 白い恋人 | トップページ | おいでませ山口館 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Pied de Poule`s HP

facebook

無料ブログはココログ