« メバル釣 | トップページ | 雨で »

2008年3月27日 (木)

まつ毛エクステ

世の女性達は、美への探求は留まるところをしらない。

まつ毛エクステもその一つ。

これは、今あるまつ毛にエクステ(つけ毛)を付け、長さやボリューム感で楽しもうというものです。

今、このまつ毛エクステで問題が起きています。

産経新聞には、

まつ毛の1本1本に人工毛を接着する「まつ毛エクステンション(エクステ)」で角膜炎など目のトラブルが急増している。
角膜炎は、治療が遅れると視力低下や最悪の場合、失明する危険性もある。
手軽に「目力」をつけられるとして、若い女性の間で急速に広まったまつ毛エクステだが、施術後に目がごろごろするなど異常を感じたら、角膜に傷がついているかもしれないので、早めの手当てが必要だ。

全国の消費者センターには平成16年ごろから、まつ毛エクステに関するトラブルの相談が増え始め、19年は18件と前年の2倍だった。
内容は「接着剤が目に入り角膜炎になった」「まぶたがはれて痛い」「まつ毛の半分が損傷した」など。(抜粋)

                 ◇

 ■施術行えるのは美容師だけ

 厚生労働省は今月、「まつ毛エクステの行為は、美容師法に基づく美容に該当する」との通達を都道府県などに出した。つまり、まつ毛エクステの施術を行えるのは、美容師だけという見解を示したわけだ。

 業界の中でも、施術に「資格が必要ない」と思っていた人は多く、美容師以外が施術を行っている施設は相当数あるとみられている。

 ただ、施術水準は資格の有無で判断できないのも事実。接着剤が目に入るだけでなく、施術中に誤って目にまつ毛を突き刺すなどのトラブルは、だれがやっても起こりうる。目のトラブルへの対応は自分でするしかないのが実情で、施術する人は気をつけたい。

                 ◇

美への探究心も大事ですが、有資格者による確かな技術でのサービスを受けることが、大事ですね。

店主の嫁もまつ毛エクステを一度だけやってましたが、やはり、しみる等言ってました。

いずれにしろ、消費者の方は、気を付けましょう。

美への探求、こんなのテレビでやってました。

つけまつ毛はつけまつげでも、鳥の羽のつけまつ毛。どうかなーって感じ。オペラ座の夜じゃないんだからhappy01

もう一つ。歯に付けるダイヤ(フェークだけど)coldsweats01ニコッと笑ったらネールアートよろしく、ティースアートって感じなんでしょうが、どう見ても歯抜けな感じ。どうなんでしょう?

タレントさんで、奥歯にダイヤモンドを埋め込んで、ニコッと笑ったら、ライティングでピカッ!っていう方がいました。まだ、こっちの方がいいですね。

いろいろ考えるのはいいけど、ほどほどに、ね。

« メバル釣 | トップページ | 雨で »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« メバル釣 | トップページ | 雨で »

2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Pied de Poule`s HP

facebook

無料ブログはココログ