« 切り絵展 | トップページ | もう、、、 »

2008年10月31日 (金)

ハロウィーン

10月31日の今日は、『ハロウィーン』ですね。
あまり日本人には馴染みのない行事なんでしょうが、クリスマス程ではないのですが、徐々に受け入れているのかな?

ハロウィーン

memo家族の墓地にお参りし、そこで蝋燭をつけるという地方もある。墓地全体が、大きなランタンのように明々と輝く。
日本のお盆の迎え火、送り火にも似ているかもしれない。ただ、これに合わせて欧米では、放火事件などが頻発する。
これに因み、31日の夜、カボチャをくりぬいた中に蝋燭を立てて「ジャック・オー・ランタン」(お化け蕪)を作り、魔女やお化けに仮装した子供達が「トリック・オア・トリート(Trick or treat. お菓子をくれなきゃ、いたずらするぞ)」と唱えて近くの家を1軒ずつ訪ねる。家庭では、蕪の菓子を作り、子供たちは貰ったお菓子を持ち寄り、ハロウィン・パーティーを開いたりする。(wikipedia)

1軒1軒の家を回ってお菓子を貰うのって、節分と似てます。子供の頃、家々を回ってお菓子を貰ってました。
しかし、袋一杯になったお菓子は食べきれないほどの量になって、挙句の果て、捨ててしまうってことになり、もったいないってこlとで、それが中止になりました。

BADな事件もありました。日本人の留学生が仮装して家を訪ねたとき、その家の人が何を勘違いしたのか、「フリーズ!」と言って、その言葉を理解できなかった彼は射殺されるというのが、ありました。

時代の流れと共に、失われていく慣習。いいものは、是非とも子供たちに味あわせてみたいものです。

« 切り絵展 | トップページ | もう、、、 »

コメント

「鬼の豆くださーい。」とか言って、
一軒一軒まわっていたよね。

あの風習が廃れたのは、実に惜しい・・・。
だって、
ああいうことで、子供と地域の結びつきが強くなるんだから。

節分が終わった後は、
当分、おやつに事欠かなかったよねぇ。
昔は、良かった。。。

>tamuraさん、思い出した?競って家を訪ねたのを昨日のように思い出します。

明日、明後日の物産展は頑張ってください。3日に覗きに行きます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 切り絵展 | トップページ | もう、、、 »

2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Pied de Poule`s HP

facebook

無料ブログはココログ