« 可愛い鬼 | トップページ | これがiPad »

2011年2月 4日 (金)

毛髪コラーゲンで黒い毛ふさふさ

 毛髪の大本になる細胞が作り出すコラーゲンに、脱毛や白髪を防ぐ役割があることを、東京医科歯科大の西村栄美教授らが突きとめた。

 脱毛などの治療法開発が期待されるといい、4日付の科学誌「セル・ステム・セル」に発表する。

 研究チームは、毛髪を作る角化細胞など各種細胞を製造・供給する「毛包(もうほう)幹細胞」という細胞に着目。この細胞は同時に、「17型コラーゲン」というたんぱく質も作っており、研究チームがマウスを遺伝子操作してコラーゲンを作れないようにしたところ、生まれてから約半年後に通常は黒い毛が白く変わり、10か月後までにはほとんどが抜けてしまった。

 このコラーゲンは人間の脱毛や白髪の治療などにも応用可能とみられるが、人工的に化学合成できない。

 このため、同種のコラーゲンを作る人間の遺伝子を、自身ではコラーゲンを作れなくしたマウスに導入したところ、黒い毛がふさふさと生えてきた。

 西村教授は「コラーゲンを作る仕組みがわかれば予防や治療につながる」と話している。
最終更新
2月4日 11時59分 YOMIURI ONLINE

ミノキシジルもいいけど、この17型コラーゲンも期待が持てそうだね。

コラーゲン、されど、コラーゲン。

« 可愛い鬼 | トップページ | これがiPad »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/114828/38738664

この記事へのトラックバック一覧です: 毛髪コラーゲンで黒い毛ふさふさ :

« 可愛い鬼 | トップページ | これがiPad »

2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Pied de Poule`s HP

facebook

無料ブログはココログ