« 網戸~! | トップページ | NALUを求めて »

2011年6月14日 (火)

アデノバイタル

先日、入荷し簡単に説明したアデノバイタル。

1308023177382.jpg

資生堂プロフェッショナル Technical Center に電話し、エッセンスとトニックの使い分けについて、聞いてみました。

太くするアデノシン(スカルプエッセンスに配合)

アデノシン:資生堂が約15年の歳月をかけて研究してきたオリジナルの生体内薬用成分で、安全性が極めて高い。

エッセンスとトニック、この違いは何かと言うと、アデノシンが入ってるかいないかで分けられてます。

元々、ヒトはアデノシンを持っていますが、加齢等によりこのアデノシンが不足し、毛乳頭細胞の中に存在し毛母細胞を作る指令を出す遺伝子で毛髪成長のおおもとになるFGF7遺伝子の活性を低下させ、髪の毛が細くなったり薄くなったりします。

1308091977119.jpg

そこで、このアデノシン配合のエッセンスを頭皮に付けることで、FGF7遺伝子が活性化し、FGF7因子が産出されて毛母細胞増殖の情報を発信し、毛母細胞の増殖が促進され、成長というメカニズムです。

強くするオノニノエキス

毛根のキューティクル部分に存在し、キューティクル強度を高めるタンパク質を作る指令を出すKAP5遺伝子、この活性が高いほど、キューティクルは強くなり、ダメージを受けにくい丈夫な髪になります。

そして、オノニノエキスKAP5遺伝子の活性を高めることを実証。

黒くするサンショウエキスホップエキス

メラノサイトの中に存在し、メラニンを作る指令を出すMITF遺伝子、この司令がなければ、メラノサイトを作ることが出来ないため、サンショウエキスホップエキスの相乗作用で、MITF遺伝子を活性化させ、白髪改善効果を発揮させます。

 

アデノバイタル スカルプエッセンスとスカルプトニックの使い分けですが、細毛や薄毛になられ改善されたい方は、スカルプエッセンスを、まだまだそこまで悩んでいないけど、白髪が気になったり、将来のことを考えて予防したい方は、スカルプトニック。

私は迷わずエッセンスを選択(*゚ー゚*)

使用最初の時の頭頂部の写真、ちゃんと撮影しましたので、定期的に撮って、ブログにアップしていけたらと思ってます。

恥ずかしいですが、楽しみに待っててください(/ω\)ハズカシーィ

« 網戸~! | トップページ | NALUを求めて »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 網戸~! | トップページ | NALUを求めて »

2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Pied de Poule`s HP

facebook

無料ブログはココログ