« いよいよ、明日 | トップページ | 山口新聞に »

2011年11月 7日 (月)

完走\(^o^)/

いよいよ下関海響マラソン当日となった。

昨晩は10時30分には就寝でき、今朝は4時30分には目が覚めた。

朝、8時30分スタートなので、充分な起床時間だと思う。

6時に軽めの朝食を済ませ、着替え、チェックアウト、そして、スタート場所は移動した。

1320593771152.jpg

既にエントリーしてる市民ランナーが今か今かと待っている。

この何とも言えない雰囲気、久しぶりに味わった。

この場に立てる事、すごく感謝です。

1320593935842.jpg

生憎の☂模様、雨に濡れて身体が冷えないように、ポリ袋を被って、号砲を待ちわびた。

Map_big01_2クリックで大きく

8時30分、一斉にランナースタート。

マラソンには9425人のランナーが参加。

ナンバーにセンサーが付いていて、これによりスタート、各ポイントの通過タイム、ゴールタイムが記録されていく。

先頭から数分後にスタート地点通過、ここから6時間以内に帰って来なくてはいけない。

実質は先頭がスタートしてからの時間なので、若干のタイムラグがある。

この下関海響マラソンは瀬戸内海の周防灘と日本海の響灘を臨む国内屈指のシーサイドコースで、絶景を楽しみながら2つの海を駆け抜けます。

スタート直後はなかなか進まない。

そりゃそうだ、あれだけのランナーが走るのだから。

キロ6分かからない普段のペースで、前半の20キロまで来たが、ここからが、海響マラソンの難関コース。

Map_big02クリックで大きく

高低差50メートルの4つの山場を乗り越えて、ゴールしなくてはならない。

25キロ地点までは、いいペースだったのだが、徐々に足が辛くなってくる。

絶対に歩くのだけは、と思いながら走ったのだが、ストレッチする為に立ち止まったりすると、ここから一気に足が前に行こうとしなくなってきた。

後半の長州出島折り返し地点では、残り13キロ。

頭の中で、時間のことを考えながら、このまま行けば、どの位でゴールできるか?サブファイブは切れるか?

給水ポイントでの積み重ねの給水や食事、この影響で腹痛も。

残りの10数キロは、歩くかゆっくりランかの繰り返し、増してや足の痛み。

もう、走れんかなと思いが募ってくると、助けられたのが、沿道の声援。

ほんと、ありがたいです。

4時間30分のペースランナーが、私の追い越して行く。

彼に付いて行けば、4時間30分でゴールできるはず。

が、悲鳴を上げてる私の足では無理。

こうなれば、サブファイブ目指すのみ。

歩いたりランしたり、そして歩いたりランしたり。

距離も徐々に残り少なくなるのだが、あまりにも長く感じられる。

残り数100メートルの時、一人のランナーが声を掛けてくれた。

「あと、少しだよ。頑張れ!」

すごく嬉しかったし励みにもなった。

いよいよ、このコーナー2つ曲がったら、ゴールだ。

腕を振って、歩くより少し速いだけのランで、ついに、

ゴーーーーーーーーーーーーーーーール☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

1320594589679.jpg

記録:4時間46分44秒(ネットタイム:4時間43分13秒)

Img_0022

サブファイブ、達成です。

取りあえず目指してたので、よかったです。

が、その代償は下半身の痛み。

歩くのもままらない(´Д` )

しばらくは大変だろうが致し方ないね。

「次もまた走る?」と聞かれたら、多分、こう答えます。

「もちろん、走ります。エンジョイランですから。」

2週間後の秋穂ロードレース、迫ってます(^_-)

 

 


« いよいよ、明日 | トップページ | 山口新聞に »

コメント

すごい!!完走、おめでとうございます。

>bakamura?←nakamuraさん? ありがとうございます。私にもできました。

bakamuraになっていました。
目覚めてすぐにブログを読みましたから・・。
長い距離・・ニュースで見ていて いろんなドラマもあったのですね。
挑戦すること・・素晴らしいです!!

>nakamuraさん、ようやく下半身の痛みもだいぶ和らいできました。昨晩の夕方のニュースでは特集やっていて、一瞬、映りました。また、出ます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« いよいよ、明日 | トップページ | 山口新聞に »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Pied de Poule`s HP

facebook

無料ブログはココログ